【2020年】10記事以内でグーグルアドセンスに一発合格するために意識したこと7つ

こま
こんにちわ!こまです。

先日無事2020年のグーグルアドセンスに一発合格することが出来ました!

コロナの影響で結果が来るまで約2週間程かかりました。

長かった、、、、、、、

アドセンスの結果がなかなか返ってこない方は焦らず、2週間は待ってみましょう。

 

今回は「10記事以内でグーグルアドセンスに一発合格するために意識した事」をご紹介していきます!

参考程度に見てみてください。

 

こんな方におすすめ

  • グーグルアドセンスに合格できない
  • グーグルアドセンスにこれから申請する
  • 合格した人の事例を知りたい

 

 

コンテンツのボリュームは?

コンテンツマーケティング, ライター, コンテンツの作成者, オンラインでの求人, マーケティング

合格時点の記事数と文字数は以下の通りでした。

  • 記事数:9記事
  • 文字数:平均約2700文字

文字数は2700文字とやや多め?ですが、厳密な文字数の規定などはないのであまり気にしなくても大丈夫です。

2,3記事で合格する方も中にはいらっしゃるみたいですが、素人には難しいので最低でも5~10記事以上は必要になってきます。

 

【2020年】10記事以内でグーグルアドセンスに合格するために意識したこと

ユーザー目線で記事を書く

ブログに訪れるユーザーは必ず何かしらの「疑問」「悩み」を持っています。

この解決するためには自分が「ユーザーの目線」になって記事を作成しなければなりません。

たまに自分の書きたいことだけを書いて終わる記事を見かけますが、それはただの日記にすぎません。

グーグルは筆者の日記には興味はないので、ユーザーに有益な情報が送られているかを見ています。

 

なので、例を挙げるとこんな記事はあまり好ましくありません。

ただの日記

今日は○○の大人気のチョコスイーツが新しくなったので紹介していきたいと思います。

私チョコレートが大好きなので思わず買っちゃいました。

チョコがふんだんに使われていてすごい美味しかった!

かなり極端な例ですが、このような記事は疑問の解決にはなりませんし一般人の日記なんて誰も興味がありません。

このスイーツに興味があるユーザーであれば商品の詳細やどんな味なのかという「疑問」が生じます。

 

上記の日記をユーザー目線で書くとこうなります。

ユーザー目線

今日は○○の大人気のチョコスイーツが新しくなったので前とどんなところが違ったのかご紹介していきます。

値段は○○、原材料は○○が使われていて驚きのカロリーが40%もカットされて、かなりヘルシーになったのでダイエット中の方でも食べられます。

味は以前のこってりした甘さではなくさっぱりした甘さでとても食べやすく、年配の方でもぺろりと食べれてしまいます。

気になった方は是非買ってみてください!

商品の詳細、どんな味なのか、前との比較などがされていてどういったスイーツなのかが1つ目の例に比べて格段に分かりやすく、しっかりとユーザーの目線で書くことが出来ています。

書けた記事は一度ユーザーの立場になって読み返してましょう。

 

ココがポイント

  • ユーザーの目線でかけているか
  • 「悩み」「疑問」を解決できているか
  • 自分の書きたいことだけになってしまっていないか

これらを意識して記事を作成しましょう。

 

見やすい記事を意識する

記事が黒一色だったり、文字だけであったり、見出しが正しく使われていなかったりすると見にくい記事になってしまい、コンテンツとしての評価が下がってしまいます。

見やすい記事を作るためには以下の事を意識します。

 

ココがポイント

  • 単色にしない
  • 重要なとこには太文字・マーカー・色を付ける
  • 画像を複数枚使う
  • 見出しを使って項目ごとに分ける
  • テキストボックスや箇条書きなどを使う
  • リンクを挿入する

 

重要なところには太文字・マーカー

ユーザーは最初の見出しらへんだけを見て、後は大抵熟読することなく流し読みで終わらせてしまいます。

その為どこが重要なのかを分かりやすくする為に太文字やを適度に使っていきましょう。

使い過ぎはかえって見にくいので良くないですが、重要なところには必ず使用するようにしましょう。

 

見出し・箇条書き・リンクを使う

見出しや・箇条書き・リンクなども大事です。

見出しは大きいテーマをh2で設定し、その中で分けた小さい項目にh3、h4と正しい順序で使うことでSEO観点からも良く、内容が整理されて読みやすくなります。

また、要点などが複数ある場合は文章でだらだらと書くよりも箇条書きでまとめるとユーザーが一目で分かりやすくなります。

自分のサイト内のリンクをはる「内部リンク」、他サイトのリンクをはる「外部リンク

これらを記事に挿入することでユーザーがわざわざ検索しなくてもリンクを押せば飛べるのですごく便利です。

またSEO的にも評価が上がります。

 

画像・イラストを使う

また文字だけでは読みづらく、内容をイメージしづらいです。

そのためある程度画像やイラストを使ってあげると内容なのかをイメージがしやすくなり、より伝えたい事を伝えられます。

画像やイラストを全く使っていない方は適度に使っていきましょう。

もちろんですが、著作権や肖像権に問題があるようなものは使ってはいけません。

必ずフリー素材サイトからダウンロードしたものを使いましょう。

おすすめのフリー素材サイトはこちらで紹介しています。

雑記ブロガ-が押さえておきたいフリー素材サイト10選【画像とイラスト】

続きを見る

 

独自性のある記事を書く

始めたばかりの初心者の方は何を書いていいか分からず色んなサイトを参考にして真似をすると思います。

良いところを吸収して真似をするのは良いことです。

しかし、記事の内容を丸パクリしたり、構成や言葉をそのまま真似するのはグーグルから独自性がないとしてサイトの評価が下がってしまいます。

丸パクリをするのではなく、ヘタな言葉でもいいので少しづつ自分の言葉で記事を書いていきましょう。

私自身もこの程度の語彙力と文章力で通っているのであまり難しい言葉を使わず、簡単な言葉で大丈夫ですしその方がユーザーにも分かりやすいです。

 

SNSを利用してアクセスを増やす

ブログを始めたての頃は検索流入のアクセスが望めません。

特にはてなブログなどではなく、独自ドメインの場合はなおさらです。

アドセンスの審査では一定のアクセス数なども基準にあるので、ツイッターなどのSNSを利用して少しでもアクセスを増やしましょう。

記事を公開するのと同時にツイッターの方でもツイートすると一定数のアクセスが望めるので始めたての頃は欠かさずするのがおすすめです。

ただ記事公開のお知らせツイートだけだとあまり印象が良くないので一日最低一回は何かつぶやくいたり、簡単な情報発信をする方が良いです。

 

2020年のグーグルアドセンスに受かった方々の事例

 

 

ツイッター上の事例を見てみるとやはり皆さん合格するタイミングはバラバラですね。

これを見る限り特にこれといった答えがないのも事実なので、一記事づつ丁寧に作成していきましょう。

 

まとめ

今回は10記事以内でアドセンスに合格するために意識したことをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

なかなか受かることが出来ない方、始めたばかりの方は焦らなくても大丈夫です。

しっかりと自分のサイトを見直しコンテンツの質を少しづつ挙げていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-ブログ, 最新記事
-

© 2021 こま基地